リハビリテーション科医師と整形外科医との違い

リハビリ科の医師、その仕事内容とは一体どのようなものなのでしょうか?
様々な役割を負っていますが、主だったものをあげてみましょう。

  • 病気やケガなどが原因で障害をもった患者の機能回復を行う事
  • リハビリテーションチームの統括・指導、義肢・装具などの処方
  • リハビリ運動に伴うリスクの管理、リハビリテーションゴールの設定
  • 他の診療科目との連携 など


仕事の幅が広く、看護師や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの医療スタッフとの連携も必要です。

このページではリハビリ科医師の仕事内容、整形外科との違い、そしてリハビリ科医師の給与などについてまとめています。

リハビリテーション科医師の仕事内容


リハビリ科の医師は、様々な病気やケガによって体に障害を負った患者の機能回復・社会的復帰をトータルで手助けするのが主な役割です
どのような経緯で体の機能を失ってしまったのか、患者一人一人その状況には違いがあります。

そのため患者に合った機能訓練プログラムを組む必要がありますし、機能訓練を手助けする理学療法士や作業療法士、看護師と連携してスムーズに治療を行えるように全体を統括しなければなりません。
患者が障害を負った病気やケガなどの多種多様なため、他の診療科目の医師や看護師とも十分連携しなければなりません。

患者の一日も早い社会復帰のためにリハビリサービスを提供し手助けするのがリハビリ科医師の主な仕事内容になります。

整形外科との違いについて


整形外科では患者のケガや疾病を手術や投薬などで直接治療しますが、リハビリテーション科では基本的に手術は行いません。
そのかわり温熱療法や運動療法、作業療法などの各種療法やマッサージ、電気的な刺激など、専用の器機や素手を使った治療を行う点が大きな違いになります

リハビリ科は機能訓練が主体になりますので、手術後に目覚ましく機能が回復するような目に見える効果が分かりにく面もあります。
特に高齢者は筋力そのものが低下しており訓練の成果が上がらないケースも見られますが、それでも地道なリハビリにより自分でトイレに行けるようになった、自力歩行出来るようになったなどの成果が得られると、それが大きなやりがいに繋がります。

リハビリテーション科医師の年収は?


リハビリ科医師の年収は、勤務先により大きく変化する部分です
老健施設の施設長ともなれば年収2,000万円前後の条件を提示されるケースもありますし、総合病院でのリハビリ科担当医で年収700万円が提示される事もあります。

より多くの年収を求めるなら施設長責任者など役職を目指す方が良いのですが、そのためにはそれなりのキャリアや経歴がなければ採用されません。
まずは地道にリハビリ科の医師として実績を積み、自信がもてた所で高給与職場に転職するのが無難でしょう。