リハビリテーション科医師はコミュニケーション能力必須

リハビリテーション科は他の診療科目よりも「他の医療スタッフとの連携」が重視されます。
医師は患者の治療の方向性を決め、各医療スタッフに適切な指示を出す必要があるのです。

この時「あの医師はいつも態度が傲慢で踏ん反りがえっている」と思われてしまうと、他の医療スタッフが素直に従ってくれません。
また他のスタッフの仕事に細かくケチをつけると煙たがられる可能性もあります。
医療スタッフとの連携を確かなものにするには、医師の医学的な知識や実績、経験だけではなく「人柄」や「信頼関係」なども必要になります

ではリハビリテーション科における各医療スタッフの役割を見てみましょう。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士


リハビリ病院では、患者に対する療法を直接行う医療専門スタッフです。
理学療法士(PT)は動きをサポートする専門家です。

足が上手く動かない、腕が上がらないなどの症状に対して温熱療法や電気療法、運動療法などの療法により機能の回復を行います。
リハビリ病院には平行棒や階段など大掛かりな器具が並んでいますが、これらは理学療法士が治療のために使うものです。

作業療法士(OT)は、指先や体を使った作業を通して動作の回復を目指します。
例えば日常生活動作、お風呂に入る、トイレに行くなどの行為を一人で行えるように支援し、自宅に帰って生活するために自宅改修のアドバイスなども行うケースも。

言語聴覚士(ST)は聴覚や言葉、音声に障害のある患者に対して、弱った機能回復のための検査、訓練、指導、助言などを行います。
リハビリ医師はこれらリハビリのスペシャリストと共に協力、連携して患者の機能回復を図ります。

看護師・介護スタッフ


看護師
は患者の身の周りのお世話や日常生活の支援、バイタルチェック、健康管理、患者や家族への指導、教育など、患者と密接に関わります。

介護スタッフは主に患者の日常生活の介護を行い、看護師と互いに連携し合うのが特徴です。

社会福祉士(ソーシャルワーカー)


社会福祉士
は、患者やその家族が抱える経済的・社会的な問題や悩みを解決するために具体的なアドバイスを行います。

これらスペシャリストの他にも、リハビリテーション工学士や臨床心理士、義肢装具士などの専門家と連携し、患者の機能回復や社会復帰への支援をトータルでサポートします。
このように多数のスタッフとの連携が必要なため、リハビリ科医師には高いコミュニケーション能力と人柄(魅力)が必要なのです。